SponsoredLink

御節料理の由来

御節料理、つまり、おせち料理。お正月に食べるアノ料理ですよね。漢字で御節料理って書かれると、何だかピンと来ないけど、平仮名でおせち料理って見れば知らない日本人はいないのでは。ちなみに、お節料理とも書くそうです。


小さい頃からお正月になると、当たり前のように御節料理にはお目にかかっていたので、おせち料理=お正月っていう感覚がありますが、実は元々お節料理はお正月のみのものではなかったようです。ちょっと御節料理の由来について、調べてみました。


御節(おせち)とは本来、暦上の節目や季節の変わり目の節日をさす言葉。節日に作られる祝事の特別な料理のことを総称して、御節料理と呼んでいました。1月1日も節日なので、この日の料理もおせち料理になります。


昔は節日を祝う風習は一般的でしたが、現代ではお祝いする節日が1月1日のみとなってしまったため、自然とおせち料理はお正月のみに食べるもの、という風になってしまったようです。


このお正月のお節料理にしても、本来は大晦日に食べるものでした。今ではほとんどの家庭で、年が明けてから御節料理を食べますよね。でも、北海道などごく一部の地域では、おせち料理を大晦日に食べるという本来どおりの風習が残っているそうです。


お正月に「おめでとう」を言い合ったあとで口にしてた御節料理。今度のお正月には、おせち料理本来の食べ方ということで、大晦日に食べてみるのもアリかも?!ちょっぴり、調子狂うような気もしますけど…。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5905461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック